こんにちは、ゲストさん!

杏ダイニング/杏カフェバー
2019年8月20日

ニセコの食材を心ゆくまで満喫できる秋だけの特別なディナーコース

ホテル「木ニセコ」の1階にある「杏ダイニング/杏カフェバー」は、ニセコのシンボルである羊蹄山が一望できる注目の店。オーナーシェフの前田さんいわく、9月の1週目から2週目にかけては、夏の食材と秋の食材のコラボレーションが楽しめる一年でもっとも食材が豊富な時期なんだとか。羊蹄山麓を中心に、北海道産の無農薬・低農薬・循環型の農法で育てられた食材を可能な限り調達し、下ごしらえから盛り付けまで化学調味料を使用することなく仕上げた体にやさしいメニューを提供している。メニューのほとんどがグルテンフリーになっており、近年増加傾向にある小麦アレルギーにも配慮。ベジタリアン、ヴィーガン、ハラルなど食事に制限のあるゲストにも対応している。9月12日(木)~15日(日)には、ニセコ・比羅夫エリアの名店が多く参加する「ニセコオータムフードフェスティバル」に出店し、「こんにゃく鳥麺」や「自家製ジンジャービア」を提供予定。ぜひ足を運んでみて。

「秋の膳」6,800円(税込)
「かぼちゃのスープ」、「鮮魚のお造り」などの前菜4品に、メインの「黒豚のやわらか煮」、デザートなど、全7品。「秋の膳プレミアム」10,800円(税込)のコースもあり。

ドライシイタケ&マッシュルーム、シイタケパウダーの「原木椎茸と十勝マッシュルームのスープ」。

総料理長の前田さん(手前)と料理長の中村さん(奥)は海外で働いていた時からの名コンビ。和と洋の技術で新しい日本料理を創造している。

ダークチョコネメシスやヘーゼルナッツチョコレートムースなどがのったデザート「チョコレートの森」。

ノンアルコールカクテル(モクテル)の「余市のほっぺ」やカクテルの「Theスパイスりんご」などが選べるウェルカムドリンク。

焦がし味噌豆乳ソースが、独特なギンポの味わいを引き立てる「ギンポのグリル」も絶品。

食事後は天然温泉(宿泊者限定)につかりたい。「ポロコ見た」で宿泊パッケージがオトクに!

この記事をシェア
SHOP INFO
  • 店名
    アンダイニングアンドカフェバー
    杏ダイニング/カフェ & バー
  • TEL 0136-22-5151
  • 住所 北海道虻田郡倶知安町山田183-43 ホテル木ニセコ1F
  • アクセス JR倶知安駅より車で約15分
  • 駐車場 あり/60台・無料
  • 営業時間 M 7:00~10:00 L.O. 9:30/L 11:30~15:00 L.O. 14:30/D 17:30~21:30 L.O. 21:00
  • 定休日 なし
  • 料金目安 M ブッフェ1,850円/L 650円~/D 6,800円~(すべて税込)
  • 予約 不要
  • カード 可/主なものOK
  • 子供の利用 OK
  • お通し あり(無料)
  • URL http://www.andining.com
人気記事ランキング
porocoからのお知らせ!
poroco SNS もチェック!
会員登録するとお気に入り登録機能が使えます!
詳しくはこちら