こんにちは、ゲストさん!

五感に響く、おとなの修学旅行 オーストラリア
2019年10月19日

カテゴリ 観光施設 旅行
キーワード 旅行

Sydney(シドニー)

活気溢れるシドニーでは、煌めく港を眺めながら、カフェやレストランでゆったり過ごすのもいい。
活気溢れるシドニーでは、煌めく港を眺めながら、カフェやレストランでゆったり過ごすのもいい。

新千歳空港とシドニー国際空港を結ぶカンタス航空では、
2019年12月16日(月)~2020年3月28日(土)まで季節運航便が就航。
大自然や美味しいグルメが楽しめるスポットが充実しているオーストラリア。
冬の北海道を抜け出して、シドニーを起点に真夏の国を満喫しよう!

新千歳空港からシドニー国際空港まで片道11時間。
新千歳空港からシドニー国際空港まで片道11時間。

美しく自然あふれる都市

シドニーで過ごす休日

オーストラリア最大の都市・シドニー。澄み切った大空や鮮やかな夕陽、壮観なハーバー・ビューを臨むこの街では、ビーチを散策したり、レストランやカフェで最新のトレンドを感じられる季節の料理を味わえる。
12~3月は、「センテニアル・パーク」の屋外シネマや音楽・アートのイベントも要チェック。
シドニーからは日帰り旅行の選択肢も豊富で、世界遺産に登録されている「ブルー・マウンテンズ国立公園」の森林や、受賞歴を誇る「ハンター・バレー」のワイナリーを訪れるのもオススメ。

 

 

お役立ち情報

オーストラリアの四季は、9~11月が春、12~2月が夏、3~5月が秋、6~8月が冬となっている。

世界遺産「ブルー・マウンテンズ国立公園」では、奇岩やユーカリの樹海、山脈からなる壮大な景観を楽しみたい。
世界遺産「ブルー・マウンテンズ国立公園」では、奇岩やユーカリの樹海、山脈からなる壮大な景観を楽しみたい。
サーフィンの名所としても知られる「ボンダイビーチ」は、海水浴を楽しむ家族や観光客の姿で賑わっている。
サーフィンの名所としても知られる「ボンダイビーチ」は、海水浴を楽しむ家族や観光客の姿で賑わっている。
シドニーから車で約2時間の距離にあるワインの産地「ハンター・バレー」。ワイナリーやレストランがあり、ワインのテイスティングやモダンオーストラリア料理が味わえる。
シドニーから車で約2時間の距離にあるワインの産地「ハンター・バレー」。ワイナリーやレストランがあり、ワインのテイスティングやモダンオーストラリア料理が味わえる。
シドニー中心部近くの「タロンガ動物園」では、かわいいコアラを撮影したり、アシカショーが楽しめる。
シドニー中心部近くの「タロンガ動物園」では、かわいいコアラを撮影したり、アシカショーが楽しめる。

Melbourne(メルボルン)

オーストラリアのカフェ文化の発祥の地とされるメルボルン。世界各国の料理が味わえる食の都としての顔も持つ。
オーストラリアのカフェ文化の発祥の地とされるメルボルン。世界各国の料理が味わえる食の都としての顔も持つ。

オーストラリアの文化と

エンターテインメントの中心地

オーストラリア第2の都市として知られるメルボルン。ビクトリア様式と近代的な建築物が織りなす街並みに緑豊かな公園が点在している。
ファッションの街としても知られ、最先端のブランドから若手アーティストの雑貨、ヴィンテージの一品ものまでが揃っている。
「ビクトリア国立美術館」や「ハイデ近代美術館」の展示、「コミックス・ラウンジ」で行なわれるコメディショーなど、ユニークな文化にもふれてみて。多彩な食文化も発展しているので、裏路地のレストランや小粋なカフェなど、きっと自分好みのお店が見つかるはず。

 

 

お役立ち情報

オーストラリアの通貨はドル。公用語は英語だが、移民が多いため様々な国の言語が行き交う。

シドニー国際空港からメルボルン(タラマリン)空港まで飛行機で約1時間35分。
シドニー国際空港からメルボルン(タラマリン)空港まで飛行機で約1時間35分。

オーストラリア最古の美術館である「ビクトリア国立美術館」。7万点以上もの所蔵作品があり、国内外問わず多くの美術展やイベントを開催。

世界で最も美しい海岸道路と称される「グレート・オーシャン・ロード」。「12使徒」とよばれる奇岩群が見どころ。
世界で最も美しい海岸道路と称される「グレート・オーシャン・ロード」。「12使徒」とよばれる奇岩群が見どころ。
「サウスバンク・ペデストリアン・ブリッジ」が架かる「ヤラ川」は、夜景スポットとしても人気。
「サウスバンク・ペデストリアン・ブリッジ」が架かる「ヤラ川」は、夜景スポットとしても人気。
熱気球ツアーで、有名なワイン産地「ヤラ・バレー」の美しいブドウ畑を空から眺めたあとは、シャンパン付きの朝食を味わって。
熱気球ツアーで、有名なワイン産地「ヤラ・バレー」の美しいブドウ畑を空から眺めたあとは、シャンパン付きの朝食を味わって。

Brisbane(ブリスベン)

オーストラリア第3の都市。現代的な街の中心部には、ブリスベン川が流れている。
オーストラリア第3の都市。現代的な街の中心部には、ブリスベン川が流れている。

中心部を美しい川が流れる

太陽に恵まれた第3の都市

亜熱帯性の温暖な気候が快適なブリスベン。現代的な街の中心部にはブリスベン川が流れ、緑豊かな公園とモダンな高層ビル、伝統的な建築物が見事な調和をみせている。
訪れた際は、多くの人で賑わう「クイーンストリート・モール」でショッピングをしたり、ブリスベン最大の公園「ローマ・ストリート・パークランド」で、美しい花々に囲まれて散歩やピクニックを楽しむのもいい。
川を抱く街の移動には「シティ・キャット」とよばれるフェリーが欠かせない。フェリーに乗って、さわやかな風を受けながら目的地を目指すのも素敵な思い出になるはず。

 

 

お役立ち情報

オーストラリアは日差しが非常に強いため、帽子やサングラス、日焼け止めクリームの持参が必要。

シドニー国際空港からブリスベン空港まで、飛行機で約1時間30分
シドニー国際空港からブリスベン空港まで、飛行機で約1時間30分
ブリスベンの街なかにある植物園「ローマ・ストリート・パークランド」。広大な園内には亜熱帯植物が年中見られる。
ブリスベンの街なかにある植物園「ローマ・ストリート・パークランド」。広大な園内には亜熱帯植物が年中見られる。
フェリーで行けるモートン島では、イルカへの餌やりや、ホエールウォッチングなど貴重な体験ができる。
フェリーで行けるモートン島では、イルカへの餌やりや、ホエールウォッチングなど貴重な体験ができる。
ブリスベン郊外のコアラ園「ローンパイン・コアラ・サンクチュアリー」には、130匹のコアラが暮らしており、抱っこ体験もできる。
ブリスベン郊外のコアラ園「ローンパイン・コアラ・サンクチュアリー」には、130匹のコアラが暮らしており、抱っこ体験もできる。
ブリスベンでの移動に便利なフェリー「シティ・キャット」。フェリーから眺める景色も魅力。
ブリスベンでの移動に便利なフェリー「シティ・キャット」。フェリーから眺める景色も魅力。
ブリスベンから車とフェリーで行く世界最大の砂の島・世界遺産「フレーザー島」。島内には淡水湖が点在し、幻想的な景観が広がる。
ブリスベンから車とフェリーで行く世界最大の砂の島・世界遺産「フレーザー島」。島内には淡水湖が点在し、幻想的な景観が広がる。

photo gallery

オーストラリア旅行を楽しんだスタッフのオフショットを紹介!

porocoスタッフオススメ まだまだある!オーストラリアの魅力

広大なオーストラリアには、心を震わせる神秘的な絶景や上質な食など、多彩な魅力がまだまだ盛りだくさん!

キュートな生き物に出会える美しい島

パースからフェリーで行くことができる「ロットネスト島」では、世界一幸せな動物とよばれるクオッカに出会える。

ヘルシー?ジャンク?気分で選べるカフェ

クイーンズランド州南部のサンシャインコーストにある「Decisions cafe」は、ヘルシーとハイカロリーのどちらのメニューも楽しめる地元のオージーにも人気のカフェ。

夜には幻想的な光景が観賞できる

オーストラリアを代表する世界遺産「ウルル・カタ・ジュダ国立公園」。2020年12月31日(木)まで、毎晩エアーズロックを擁する砂漠をライトアップ。

珍しいピンク色の湖に注目!

西オーストラリア州のエスペランス近郊にある鮮やかなピンク色をした「ヒリアー湖」。まるで、ほかの惑星に訪れたかのような絶景は必見。

有名なワイン産地に行ってみよう!

食事とともに楽しみたいオーストラリアワインは、国際的にも高い評価を得ている。「ハンター・バレー」や「ヤラ・バレー」などのワイン産地は、ぜひ足を運んでみてほしい。

ビーチで夕景を望むラクダツアー

西オーストラリア州のブルームにある「ケーブル・ビーチ」では、ラクダに乗ってインド洋に沈む夕陽を眺めるツアーが好評。

新千歳空港からシドニーまでの直行便が便利!

カンタス航空でオーストラリアへ行こう!

カンタス航空では、2019年12月16日(月)から2020年3月28日(土)まで、新千歳空港とシドニー国際空港を結ぶ週3便の季節運航便がスタート。
冬の北海道から乗り換えなしで、夏のオーストラリアへ行くことができる。
快適さと充実のサービスが魅力の機内で、リラックスしながら旅のひとときを過ごして。就航スケジュールは以下の表で確認してみて。

カンタス航空の魅力

エコノミークラスが快適

カンタス航空のエコノミークラスは1,600種類以上の映画、音楽、テレビ番組が楽しめ、機内食は3種類の中から選べる。日本ーオーストラリア間のフライトでは、預け手荷物が個数制限なしで30kgまで無料なのもうれしいポイント。

ワンランク上の空の旅が楽しめる

ビジネスクラスでは搭乗前にラウンジでくつろげ、搭乗後は通路に面した解放的な空間で、フルフラットベッドで過ごせる。食事はオーストラリアを代表するシェフの一人であるニール・ペリー監修のアラカルトをプレミアムワインと一緒に楽しんで。

就航スケジュール

information

カンタス航空を利用して
現地ツアーをオトクに楽しもう!


カンタス航空でオーストラリアへ行くと、厳選された現地ツアーがオトクに楽しめる「Qantas Passenger Perks」が利用できる。
シドニーハーバーブリッジを登ってパノラマビューを満喫したり、ラクダに乗ってエアーズロックを眺めたり、グルメのおともにワインを味わうなど、様々なアクティビティで割引や特典が受けられるので、上手に利用して、魅力いっぱいのオーストラリアを思いきり楽しもう。

※各記載価格には消費税は含まれません。消費税を含む場合は(税込)と表記しています。
この記事をシェア
人気記事ランキング
porocoからのお知らせ!
poroco SNS もチェック!
会員登録するとお気に入り登録機能が使えます!
詳しくはこちら