こんにちは、ゲストさん!

【カフェ連載(3)】坂ノ上の最中
2018年12月4日

グルメ
カテゴリ グルメ

温泉街の新たな名物

和モダンな雰囲気のお店。
和モダンな雰囲気のお店。

「坂ノ上の最中」のお菓子を食べたらきっと驚く。

温泉街のおやつとは温泉まんじゅうよろしく、素朴なものがウケる! という概念をまったく覆されてしまった。とにかくオシャレであか抜けていて、なんならそれを求めてわざわざ行くほどの価値がある。

同店は「定山渓第一寶亭留 翠山亭」に併設されている。

 

新感覚! 和と洋を組合わせたモナカ

季節ごとに美味しい素材を使った商品が並ぶ。一番人気は「いちご」430円。
季節ごとに美味しい素材を使った商品が並ぶ。一番人気は「いちご」430円。

こちらで提供している「MONAKA」は和菓子ではなく、モナカの皮で包まれたパティシエメイドの繊細な洋菓子。ピスタチオのガトーやクレームパティシエ、フルーツのソースなどが盛り込まれた本格的なもので、その食材の組合わせにも感動せずにはいられない。たぶんパイにすると食べにくかったり、重かったりするのだろうが、モナカの皮なのでその辺がいい感じ。

食感もごちそう

包む楽しさと、できたての美味しさを両立。「クリームチーズと酒粕」430円。
包む楽しさと、できたての美味しさを両立。「クリームチーズと酒粕」430円。

モナカは職人が一枚ずつ焼き上げたものを、提供されてから自分で包んでいただくスタイル。

 

「サクッ、サクッ、」

 

その食感のよさといったら!!


まるで寒い冬の日の早朝に現れた、霜の柱を踏みしめたときの心地よさとでも申しましょうか。

 

手でつまんで食べられる気軽さもあり、小さな子どもから年配の方まで幅広くよろこばれそう。

大人がのんびりできる空間

豊富に揃うドリンクと楽しんで。
豊富に揃うドリンクと楽しんで。
店内で食べるならぜひドリンクとセットで。コーヒーや紅茶はもちろん、フレバーティーや緑茶、デトックスドリンクが楽しめるドリンクバーが付いてとってもオトク。ソファ席もあり、ゆったりと過ごせるラウンジなので、時が経つのを忘れてしまいそう。
 ぜひこちらのスイーツは購入からなるべく早く食べて欲しい。きっと「お菓子はできたてが一番!」を改めて感じさせてくれるはず。
この記事をシェア
SHOP INFO
  • 店名
    サカノウエノモナカ
    坂ノ上の最中
  • TEL 011-598-2141
  • 住所 北海道札幌市南区定山渓温泉3丁目105(定山渓第一寶亭留翠山亭隣り)
  • アクセス じょうてつバス「第一ホテル前」停よりすぐ、または地下鉄南北線真駒内駅より車で約30分
  • 駐車場 あり/あり(無料)
  • 営業時間 9:30~17:00(売り切れ次第終了)
  • 定休日 火曜
  • 料金目安 「MONAKA」390円~、パウンドケーキ1,800円
  • カード 可/主なものOK
  • 席数 8席/(全席禁煙)
  • 子供の利用 OK
この記事を書いた人
小澤和歌子

編集者&文筆家。札幌を中心に暮らしやグルメについて取材・執筆を行なう。

小澤和歌子が書いた記事はこちら
人気記事ランキング
porocoからのお知らせ!
poroco SNS もチェック!
会員登録するとお気に入り登録機能が使えます!
詳しくはこちら