こんにちは、ゲストさん!

今月の映画とおいしいごはん vol.2
2018年12月16日

グルメ

グルメはもちろん、アート・音楽・舞台・映画と、鑑賞することが大好きな編集OM(オム)です。

これから毎月、poroco本誌に載せきれなかったオススメの新作映画と、やっぱりグルメは欠かせない!11月中に食べ歩いたお店の中から印象に残ったお店を紹介します。

お出かけの参考にして頂けたら嬉しいなあ。。。

強烈!衝撃!鮮烈!・・・最恐エンターティメントな映画

TVCMでとっても気になっていた映画「来る」の試写会に行ってきました!

「怖いけど面白い」ってどういうことだろう・・・。

ホラーは好きだけど結構な怖がりな私。自宅でのDVD鑑賞でさえ、数日は引きずってしまい、「背後に誰かいるのでは!?」など怯える臆病者。・・・観るべきか迷った試写会でした。

でも、単なるホラーではないことは、豪華出演陣を見ても明らか。

「嫌われ松子の一生」「告白」「「渇き。」の中島哲也監督ということもあり、自分を奮いたてながら行ってきました。

怖いけれどホラーとも違う、新感覚なストーリー展開

~あらすじ~

「第22回日本ホラー大賞」の大賞受賞作・小説「ぼぎわんが、来る」を映画化。

結婚式を終えたばかりで、幸せな新婚生活を送る田原(妻夫木聡)。

ある日、田原の会社に、まもなく生まれる娘と同じ名前を名乗る者がやってくるが、面会せずに姿を消してしまう。

その直後、来訪者を取り次いだ後輩が、目の前で謎の死を遂げたのを筆頭に、次々と超常現象が起こり始める。

民俗学者の親友(青木祟高)を介し、霊媒師の血をひくキャバ嬢(小松菜奈)を紹介してもらい、

迫り来る謎の「アレ」がこちらに来ないよう、立ち向かうのだが……。

 

ユナイテッド・シネマ札幌、シネマフロンティアほかで公開中。

出演者の迫真の演技に圧倒

ストーリーの予期せぬ展開にどんどん引き込まれてゆきますが、豪華出演陣の迫真の演技にも圧倒されました。

小松菜奈に驚いた!”キャバ嬢霊媒師”、怖いくらい”イクメンパパ”の妻夫木聡、怪しい”オカルトライター”岡田准一、ほかにも、日本最恐?最強?の霊媒師に松たか子、優しさの中時折見せる鋭さを感じる主婦に黒木華…。

物語はどこまで続くのか、どんどんスケールが大きくなってゆきます。

現実世界でも、気がつかないよう制御されているけれど、実はどこかで何かが起こっているのではないか、と見終わったあともぞくぞくしました。恐ろしく怖くも面白いエンターティナー、友人や恋人、家族(PG-12限定です)、おひとりさまでも楽しめるかと思います。

映画のあとは、サッポロファクトリーの新店へ

映画のあとは、15メートルあるジャンボクリスマスツリー煌びやかなサッポロファクトリーに先日オープンしたパーラーへ。

3条館2Fのフロアが11/1にリニューアル!6店舗登場しました。

 

「パーラーエノキ」は、〆パフェでも話題の「 パフェ 、珈琲、酒、佐藤」がプロデュースする新店舗。手作りで素材や仕上がりにこだわったソフトクリーム、8種類のサンデー、4~5種類のパフェ、カレーやサンドイッチのほか軽食もあります。

ジャンボクリスマスツリーを眺めながら、華やかなスイーツを

12/25まで限定「クリスマスサンデー」920円。

緑色のソースは、シチリア島ピスタチオを使った自家製ソース。

もこもこソフトがかわいい! ドリンクメニューは、ワインやビール、シングルモルト、自家製珈琲焼酎、日本酒などお酒も20種類以上。お酒を飲みながら、映画の感想を語り合うのもいいですね。

3種のフルーツがサンドされた「フルーツサンド」670円。

ドライフルーツとナッツの盛り合わせ付き。roach roaster の豆を使ったコーヒーと一緒にいただきました。

 

「パーラーエノキ」

札幌市中央区北2条東4丁目 サッポロファクトリー3条館・2階

営業時間/10:00~20:00(Lo.19:30)

電話/011-211-1031

この記事をシェア
この記事を書いた人
編集OM(オム)

「美味しい」という日本語は奥深く・・・。もし同じものを家族が作ったら美味しい!と評価する味、普段自分一人で食すには十分な好みの味、 人にオススメしたい味、衝撃的に自分の記憶に残る味etc。庶民的なものからプチ贅沢なものまで、幅広く食べ歩きをしています。

編集OM(オム)が書いた記事はこちら
人気記事ランキング
porocoからのお知らせ!
poroco SNS もチェック!
会員登録するとお気に入り登録機能が使えます!
詳しくはこちら