こんにちは、ゲストさん!

雪まつり会場で、タイのお弁当箱「ピントー」のペイント体験に行ってきました!
2020年2月5日

PR
ライフスタイル

昨日2月4日からスタートした「さっぽろ雪まつり」。みなさんもう見に行きましたか? 各会場ごとに雪像はもちろんのこと、様々なブース展開がされていて巡るのが楽しいんです!そんな中「11丁目会場」にある「amazing THAILAND」ブースで開催されている、お弁当箱へのペイント体験に行ってきました。なんと参加無料です!

まずは色とりどりのお弁当箱の中から好きな色の物を選びます。
淡い綺麗な色合いばかりで迷います! ちなみにタイではお弁当箱のことを「ピントー」と呼び、ブリキやステンレス製の段重ねのお弁当箱が主流なんだそう。

選んだら、用意されているカラフルなマーカーで絵を描いていきます。
イベントではタイで有名なアーティスト「チャナラディー・チャトラクン・ナアユタヤ」さんが講師として書き方やコツを教えてくれるので安心です。

ちなみにこれは、リクエストして自分の名前をタイ語で描いていただきました。


タイ語……難しいですね(笑)

他の参加者の方にお願いされて、チャナラディーさんが可愛いお花を描いてくれてました。とってもカラフルでキュートなイラストで、ポロコスタッフも含め参加されたみなさん、チャナラディーさんのファンになりました。

私もなんとか絵付け完成です! あとは透明のマニュキュアでコーティングするだけ。作ったお弁当は持ち帰りできます。嬉しい! お弁当箱の上の段のお花は、講師のチャナラディーさんにお願いして書いていただいきました。

他にもブースのスタッフさん達が絵付けしたお弁当箱もとっても可愛いかったです。

講師アーティスト「チャナラディー・チャトラクン・ナアユタヤ」さん。

インスタグラムのアカウントはJuli Baker(@julibakerandsummer)

実際に料理が入るとこんな感じだそうです! タイ料理をお弁当箱に詰めるとさらに美味しそうですね。

ブースでは他にも、写真を撮ってSNSでアップすると、ガチャガチャができるイベントも開催中でした!

こちらのペイント体験は、雪まつり期間中は毎日開催されていて、1日3回、各回10名までの定員です。
空きがあればその場で飛び込み参加もできますが、事前予約をすると確実です。
SNS映えも抜群な「タイピントー」。この機会に是非ブースを訪れてみては。

※各記載価格には消費税は含まれません。消費税を含む場合は(税込)と表記しています。
この記事をシェア
人気記事ランキング
porocoからのお知らせ!
poroco SNS もチェック!
会員登録するとお気に入り登録機能が使えます!
詳しくはこちら