こんにちは、ゲストさん!

「世界のひとつだけのスイーツ」試食会レポート
2018年10月23日

グルメ

世界的美食ガイド×グランビスタ ホテル&リゾートのコラボレーション

テラスレストラン ピアレ「シュクル トリュフ」3,000円(税・サ込) ※シャンパン1杯付/札幌パークホテル
テラスレストラン ピアレ「シュクル トリュフ」3,000円(税・サ込) ※シャンパン1杯付/札幌パークホテル

歴史ある世界的美食ガイド「Gault & Millau(ゴ・エ・ミヨ)」と、グランビスタ ホテル&リゾートの「札幌グランドホテル」「札幌パークホテル」が初のコラボレーション企画を開催。

2017年の同書で「アジアのベストパティシエ賞」を受賞した、東京「ESqUISSE」の成田一世シェフ・パティシエと、2ホテルの総料理長が共同で、「Best Pastry 2018 世界にひとつだけのスイーツ from 北海道」を題した限定スイーツを開発しました。

これは先に起こった北海道胆振東部地震で被災された方、ひいては北海道全体を盛り上げ、道外のゲストにも北海道の魅力を伝えることで足を運んでもらいたいという想いから実現した企画だそうです。

先日行なわれた試食会に参加してきましたので、その様子をお伝えします。

北海道の風土が生んだ魅力あふれる素材を昇華

レシピを開発した成田一世シェフ・パティシエ
レシピを開発した成田一世シェフ・パティシエ

試食会には成田一世シェフ・パティシエもいらっしゃいました。

「肥沃で雄大な土地と厳しい気候、その中で育った力強さを感じる北海道産素材の魅力を最大限に引き出すスイーツを開発しました」と成田氏。

今回はその中でも濃厚でコクのある道産ミルクをベースに、クリスマスのオーナメントをイメージした美しく華やかなスイーツを提供します。

トリュフが香る札幌パークホテルの「シュクル トリュフ」

試食会でいただいたのは、札幌パークホテルのテラスレストラン ピアレで提供する「シュクル トリュフ」。

「スイーツにトリュフ?」という驚きをぜひ味わってほしいです。

芳醇なトリュフの香りがミルクの魅力を一層引き立ててくれるひと皿。

塩、赤ワイン、マルメロ、ハニーペッパーなど、皿の上に添えられた様々な素材を組み合わせることで、次々に変化する味わいを楽しめます。

繊細な金の飴細工の中にはふわふわの道産ミルクが
繊細な金の飴細工の中にはふわふわの道産ミルクが

ベリーの酸味を楽しむ札幌グランドホテルの「シュクル フリュイ ルージュ」

ノーザンテラスダイナー「シュクル フリュイ ルージュ」2,000円(税・サ込)/札幌グランドホテル
ノーザンテラスダイナー「シュクル フリュイ ルージュ」2,000円(税・サ込)/札幌グランドホテル

こちらは札幌グランドホテルのノーザンテラスダイナーで提供される「シュクル フリュイ ルージュ」。

金の飴細工にベリーの赤が華やかな印象を加えてくれます。

幾層にも重ねたベリーの食感や香り、酸味を堪能できます。

アイスと泡になったミルクとはもちろん好相性。

宝石のようなひと皿は、食べるのがもったいなくなってしまいそう。

手みやげにしたいテイクアウトスイーツも

イートインだけでなく、テイクアウト用のスイーツも用意しています。

道産ミルクと、そのミルクから作ったマスカルポーネを使ったスイーツです。

札幌グランドホテルのザ・ベーカリー&ペイストリーではティラミス味の「パピヨット ムースマスカルポーネ カフェ」を。

札幌パークホテルのピアレ ケーキコーナーではベリーを使った「パピヨット フリュイ ルージュ」を提供します。

ホワイトチョコレートをプレゼントの包み紙のようにあしらったひと品は、贈りにも喜ばれそうです。

左:札幌グランドホテル「パピヨット ムースマスカルポーネ カフェ」/右:札幌パークホテル「パピヨット フリュイ ルージュ」各800円(税込)
左:札幌グランドホテル「パピヨット ムースマスカルポーネ カフェ」/右:札幌パークホテル「パピヨット フリュイ ルージュ」各800円(税込)

特別なシャンパンとスイーツで非日常なひとときを

Laurent-Parrier「CUVÉE ROSÉ」とともに
Laurent-Parrier「CUVÉE ROSÉ」とともに

また、札幌パークホテルの「シュクル トリュフ」はシャンパン1杯がセットになっています。

今回はローラン・ペリエのロゼシャンパンを試食会でいただきました。

エレガントな美しい色合いもさることながら、熟した果実をそのまま頬張ったようなフレッシュさを味わえます。

スイーツとのマリアージュをぜひ堪能してください。

北海道の食はこれからもますます盛り上がっていきます

「ゴ・エ・ミヨ」編集長とシェフの対談
「ゴ・エ・ミヨ」編集長とシェフの対談

「ゴ・エ・ミヨ ジャパン」の編集長である宮川俊二氏と、成田一世シェフ・パティシエの対談も行なわれました。

「地元の食材の魅力をどう活かすか?」など、食に対するお話を伺うことができました。

大量生産や安定供給が可能な時代だからこそ、旬や地物の味わいを大切にしていきたいと感じました。

porocoも北海道の食を盛り上げるため一層頑張ります。

「ゴ・エ・ミヨ」の授賞式も開催されました
「ゴ・エ・ミヨ」の授賞式も開催されました

また来年2月に刊行予定の「ゴ・エ・ミヨ ジャパン」の最新版には北海道のお店も取り上げられるそう。

刊行に先立ち、最新版で「テロワール賞」を受賞された「ドメーヌ・タカヒコ」の曽我貴彦氏の授賞式が行なわれました。

北海道産ワインはこれからますます盛り上がっていくでしょう。楽しみです!

 

DATA
  • 【販売期間】 11月1日(木)~30日(金)
  • 【提供期間】
  • 札幌グランドホテル イートイン 14:00~LO 17:00/テイクアウト 8:30~20:00
  • 札幌パークホテル イートイン 11:30~LO 20:30/テイクアウト 10:00~20:00
この記事をシェア
SHOP INFO
  • 店名
    サッポロパークホテル テラスレストラン ピアレ
    札幌パークホテル テラスレストラン ピアレ
  • TEL 011-511-3136(食堂予約係)
  • 住所 北海道札幌市中央区南10条西3丁目1-1 札幌パークホテル1F
  • アクセス 地下鉄南北線中島公園駅3番出口よりすぐ
  • 駐車場 あり/あり(ホテルP・レストラン利用で2時間250円)
  • 営業時間 M 7:00~10:00/L 11:30~15:00/T 15:00~17:00/D 17:00~21:00/「テラス de バーベキュー」11:30~17:00 ※最終来店 15:00
  • 定休日 なし
  • 料金目安 L2,000円/D4,000円
  • カード 可/主なものOK
  • 子供の利用 OK
  • URL http://www.park1964.com
SHOP INFO
  • 店名
    ノーザンテラスダイナー
    ノーザンテラスダイナー
  • TEL 011-261-3311(代)
  • 住所 北海道札幌市中央区北1条西4丁目 札幌グランドホテル東館1F
  • アクセス 札幌駅前通地下歩行空間8番出口横専用出入口直結、または地下鉄大通駅5番出口より徒歩約5分
  • 駐車場 あり/100台・有料 ※1時間420円、キャッシャーにて捺印の場合2時間以内250円優待料金
  • 営業時間 M 6:30~10:00)/11:30~L.O. 22:00
  • 定休日 なし
  • 料金目安 L 2,000円/D 4,000円
  • 予約 可、なるべく
  • カード 可/主なものOK
  • 席数 191席/全席禁煙
  • 子供の利用 OK
  • URL http://www.grand1934.com
人気記事ランキング
porocoからのお知らせ!
poroco SNS もチェック!
会員登録するとお気に入り登録機能が使えます!
詳しくはこちら