こんにちは、ゲストさん!

とある日の晩酌 ~酒とアテ~ Vol.1
2018年9月13日

グルメ
キーワード 晩酌 日本酒

お酒好きの編集IYは、ビール、ワイン、日本酒などなど、その時の気分とアテにあわせて、夜な夜な100%自分本位の晩酌を楽しんでいます。中でも、日本酒が好きで、酒屋さんに行っては、可愛いラベルのお酒をジャケ買いをしたり、季節限定、珍しい酒蔵のお酒を購入しているわけです。このコーナーでは、私の好きな日本酒とそれに合うアテをゆる~く紹介していきます!

『きらら397』が原料のお酒

本日ご紹介するお酒はこちら! 「「純米吟醸生貯蔵原酒 大雪乃蔵 涼しぼり」です。

このお酒は、お酒好きな友人から教えてもらった夏酒ですが、なんと原料のお米が『きらら397』なんです!

キリッと辛口ですが、あとからほんのり甘みと旨味が広がる感じで、夏にぴったりなフレッシュな口当たりのお酒でした。

 

酒米としては、『雄町』『山田錦』が人気ですが、希に食用のお米が使われることもあるそうですね。『きらら397』は、道産米の先駆けの品種で、今年誕生30周年だそうです! お店で見つけたときに、ぜひ飲んでみたいと思い、衝動買いしてしまいました。

そんな本日のお酒に合わせるアテはこちら

ネギのさっと煮浸し
ネギのさっと煮浸し

超簡単な料理しかしない私・・・・・・。

よく日本酒のアテに作るのがコレ!

 

水、醤油、酒、みりん(どれも適当・適量)に、輪切り唐辛子と塩昆布を入れ煮立てたところに、ぶつ切りのネギを入れて、2~3分煮ます。その後、火を止め、そのままいったん煮汁が冷めるのを待ちます(冷蔵庫で一晩など)。一度煮汁ごと冷ますことで味がよく染みますよ。

 

昆布の旨味と日本酒がよく合うのでオススメです。

鶏の酒蒸し ミョウガのゴマみそだれ
鶏の酒蒸し ミョウガのゴマみそだれ

こちらもとても簡単な酒蒸し!

 

実家の畑で採れたミョウガと大葉をたっぷり刻み、味噌、すりゴマ、砂糖、酒を混ぜただけのたれをかけていただきました。

 

日本酒にもよく合いますが、焼酎に合わせてもいいかも!

 

そんなこんなで、この日も幸せな晩酌!

今日はどんな晩酌をしようかな(笑)

 

(編集IY)

この記事をシェア
この記事を書いた人
編集IY

晩酌とクラシック音楽が好き。日々美味しいお酒の情報を集めています。

編集IYが書いた記事はこちら
人気記事ランキング
porocoからのお知らせ!
poroco SNS もチェック!
会員登録するとお気に入り登録機能が使えます!
詳しくはこちら