こんにちは、ゲストさん!

【たすけてドクター】134. 40歳前で生理が止まりました
2018年8月1日

40歳前で生理が止まりました

Q.  40歳前に生理がピタッとなくなりました。特に身体的に苦痛や異常はありません。子宮ガン検診も毎年受けていますが、異常はありません。これは閉経と考えてよいのでしょうか? 早すぎる気もしますが…。特に体調が悪いわけではないので、病院に行きづらくて。
(41歳・会社員)

A.  40歳前に生理が止まった、ということですが、平均の閉経年令は49~50歳ですので、もし閉経であればおっしゃる通り年齢的にはかなり早いことになります。閉経自体は病気ではありませんが、43歳未満で閉経になると”早発閉経”という病気になります。

 

「生理がないのはラクでいい」とお考えの女性もおられるかも知れませんが、女性ホルモンはただ生理に関わっているだけでなく、自律神経の調整、骨密度の維持、高コレステロール血症の予防など、健康を保つ点で色々良いことをおこなっているので、早発閉経となって女性ホルモンの低下を早くきたす状態は、やはり体に良いことではありません。恐いのは、骨が弱くなったり、コレステロールが上がってしまっても、当初は自覚症状がないことです。

 

 問題は、「閉経なのか、それとも一時的に排卵が止まっているだけか」ということですが、これは採血をして脳から分泌されている卵巣を刺激するホルモンの値を見れば分かりますので、1度婦人科を受診された方が良いでしょう。


 最後に付録的なお話をさせていただきますが、子宮癌の検査は、多数の人を対象として検診をおこなった場合(つまり何らかの症状を訴えて婦人科を受診したわけではないとき)には、ただ単に、膣の奥にある子宮頚部の粘液を取ってきてガラス板に塗るだけの作業なのです。

普通はそれ以上のことはしませんから(内診をしたり超音波検査をすれば別ですが、人数が多いときには時間がかかるのであまりやらないのです)、子宮や卵巣の状態はいっさい分かりません。「子宮癌の検査を受ければ、自動的に婦人科検診(子宮や卵巣の状態を診る)もしたことになる」というのは思い違いですので、ご注意ください。

poroco本誌過去掲載分から一部抜粋で掲載しています。

 

←INDEX

この記事をシェア
人気記事ランキング
porocoからのお知らせ!
poroco SNS もチェック!
  • TOP
  • 【たすけてドクター】134. 40歳前で生理が止まりました
会員登録するとお気に入り登録機能が使えます!
詳しくはこちら