こんにちは、ゲストさん!

【たすけてドクター】145. 子宮ガン検診後に判定された“軽い変化”とは?
2018年8月1日

子宮ガン検診後に判定された“軽い変化”とは?

Q. 4歳になる娘がいます。先日受けた子宮ガン検診の結果で「わずかに異常がありますが、日常生活に問題はありません。軽い変化のみで子宮頸ガンの心配はありません」と判定されました。軽い変化というのはどういうことなのか、不安が残るコメントです。最近、性交後に出血もあり心配なのですが、婦人科を受診したほうが良いでしょうか。
(44歳・主婦)

A.  子宮ガン検診の結果「軽い変化はあるが、心配はない」ということだったものの、生理以外の出血もあり、心配をしておられるわけですネ。「軽い変化」というところが引っ掛かるのだと思います。

   子宮ガン検診の結果は普通「クラス分類」されます。これにはIからVまであり、ローマ数字で書き表わされます。クラスIは正常細胞のみで全く問題がない状態です。クラスIIは細胞に変化はあるのですが、変化の具合が良性のもので、これも全くガンにはなっていない状態です。細菌性膣炎などで炎症がある場合に多いですネ。


   ここで問題なのは、正常とガンの状態がくっきりと線を引けるものなのかどうか、ということです。ある状態までは正常で、ある状態を超えるとただちにガンになるのかということですが、実はそうではないのです。正常細胞からガン細胞に変化するまでには時間が掛かり、ガン細胞に至るまでの“途中の状態”があるのです。

   例えば、正常が真っ白(クラスI)でガンが真っ黒(クラスV)ということにしましょう。クラスIIはほぼ白いのですが、少々灰色です。クラスIIIになると立派な灰色で、ガンに向かう道筋の中で途中まできていることになります。このまま、1年後まで経過観察するのは不安かもしれません。1年経ってしまえば、真っ黒になっているかもしれませんから。このクラスIII、実はIIIaとIIIbに分かれます。IIIaだった場合には3カ月後に再検査して灰色の具合を確かめます。IIかIに戻れば、念のため6カ月後に再検査をして、さらにIIかIであれば、また1年サイクルの検診周期に戻って良いと思います。ただし、このへんの考え方は、各ドクターによって違いがあるかもしれません。


   IIIbだったらどうするかですが、その前にクラスIVを説明します。IVになりますとVに近いので、黒に近い灰色ということになり、ごく初期のガンという場合があります。「上皮内ガン」といって、表層にとどまっているガンですネ。ガンがある子宮の入り口部分をくり抜くだけで、完全治癒になることもあります。IIIbはこのIVに近いので、IIIaのように3カ月も放っておくわけにはいきません。では、どうするかと言いますと、それまでの細胞診から1歩進んで組織診をします。機械を使って子宮の入り口を“かじってくる”のです。そして、取れた「肉」を詳しく調べます。結果、くり抜く手術に入る場合もありますし、経過観察に戻る場合もあります。クラスVになりますと、ガンが表層を超えて、転移をする可能性もある(浸潤ガン)ので最低限、子宮を全摘する手術に入ります。症状がない状態で子宮ガン検診を勧めている理由は、このクラスVに至る前に見つけましょう、ということなのですネ。

 

   最後に、クラスIIのところで追加があります。クラスIIRというのがありまして、このRはrepeat(繰り返しなさい)のrなんですネ。普通のIIよりはIIIに近いので、1年も放っておかずに短い期間で再検査してください、という意味です。普通は6カ月後の再検になります。

 

   参考までにお話しますと、「クラス分類」に似ているものに「ステージ分類」というものがあります。これはガンだと判明した場合に(つまりクラス分類でVだった場合)、どこまでガンが浸潤しているかを見極める分類です。同じ数字を使うので、誤解のもとになりますが、表現は1期とか3期とか「期」という文字が入ります。以前にクラスIIIの話をしたあとに、3期だと勘違いをして、ご主人を伴い再診にこられた方がいました。

   さて、質問の方は「軽い変化」ということで、3カ月後あるいは6カ月後の再検は言われていないようですから、クラスIIだったのではないか、と想像されます。ですから、1年後にまたガン検診を受けていただければ大丈夫です。性交時の出血はたまにありますが、子宮の入り口の「びらん面」からの出血がほとんどで、細胞診でガンがないことを確認できていれば心配ありません。この「びらん」は成人女性であれば多くの人に見られるもので、病的な「びらん」はあまりありませんから、心配御無用です。ただ、性交時の出血は、気持ちの良いものではありません。治療法はありますので、お近くの産婦人科をお訪ねください。

poroco本誌過去掲載分から一部抜粋で掲載しています。

 

←INDEX

この記事をシェア
人気記事ランキング
porocoからのお知らせ!
poroco SNS もチェック!
  • TOP
  • 【たすけてドクター】145. 子宮ガン検診後に判定された“軽い変化”とは?
会員登録するとお気に入り登録機能が使えます!
詳しくはこちら