こんにちは、ゲストさん!

【たすけてドクター(胃腸科)】050. 二日酔いを賢く予防・回復させたい!
2018年8月1日

二日酔いを賢く予防・回復させたい!

Q. 二日酔いの予防策、または早い回復の方法はありますか?

(27歳・女性)

A.  二日酔いになってしまったら、水分・糖分・ビタミンなどを補給することが重要

 アルコールを摂取すると、アルコール脱水素酵素により体内でアセトアルデヒドに分解されます。さらにそれがアセトアルデヒド脱水素酵素により酢酸へと分解されることで、最終的に水と二酸化炭素になり、体外へと排出されます。このアルコールの中間代謝物質であるアセトアルデヒドの毒性が強いため、その蓄積により二日酔いが引き起こされるのです。  二日酔いになると迎え酒をする人がいます。一時的に不快感が消え、気分がよくなったように感じますが、結局は苦痛の先送りで逆効果です。二日酔いに特効薬はありませんが、点滴がよく効くといわれています。点滴をすると、アルコールによる脱水症状を改善させ、有害物質を早く体外へと排出することができます。また、糖分やビタミンなどを補うことで肝臓の働きを高め、体を安静に保つことができるので、二日酔いによく効くのです。ただ、二日酔いのたびに病院へ行くことはできませんから、自宅では点滴の代わりにスポーツドリンクを多量に摂取し、同様に水分・糖分・ビタミンなどを補給するとよいでしょう。また、アルコールにより胃炎が引き起こされていることがありますので、吐き気止めを含む胃腸薬の服用も有効です。梅干しやしじみ汁、生卵なども有効といわれています。

 

二日酔いを予防するために、アルコールの分解を手助けしてくれるサプリメントや食べ物を摂取しよう

 二日酔いにならないようにするにはどうしたらいいでしょうか。一つはサプリメントです。ウコンはお酒を飲む前に摂取しておくと肝臓が強くなるといわれています。栄養ドリンクなどによく含まれているタウリンも肝臓内の胆汁の分泌を促し、アルコールの分解を速めてくれます。ビタミンCやセサミンなども有効です。食べ物では前述した梅干し、柿に含まれるタンニンという物質がアルコールの吸収を阻害してくれますし、マイタケもβグルガンという物質を含んでおり、肝機能を高めてくれます。そのほか、牛乳やカレーにも肝機能を高めてくれる効果があるといわれています。

poroco本誌過去掲載分から一部抜粋で掲載しています。

 

←INDEX

この記事をシェア
人気記事ランキング
porocoからのお知らせ!
poroco SNS もチェック!
  • TOP
  • 【たすけてドクター(胃腸科)】050. 二日酔いを賢く予防・回復させたい!
会員登録するとお気に入り登録機能が使えます!
詳しくはこちら