こんにちは、ゲストさん!

【たすけてドクター(胃腸科)】052. 「脂肪肝」の改善方法は?
2018年8月1日

「脂肪肝」の改善方法は?

Q. 前から肝臓が気になっていたのですが、ついに「脂肪肝」になってしまいました。改善方法はありますか?

(39歳・女性)

A.  「脂肪肝」を放っておくと「脂肪肝炎」という状態を引き起こすことが最近の研究で判明。重大な病気につながる可能性も

 「脂肪肝」は以前はあまり心配のない病気と言われていましたが、最近の研究では、脂肪が肝臓に沈着すると炎症を引き起こし、「脂肪肝炎」という状態を作るということがわかってきました。「脂肪肝炎」になると、「肝硬変」、「肝ガン」へと進展することもあるので、「ウイルス性肝炎」と同様にキチンと治療をして経過を見る必要があります。

 

原因はアルコールと体重。日常生活を見直して少しずつ改善を

 肝臓に脂肪がつく原因は二つ。一つはアルコール、もう一つは体重です。もし日常的にアルコールを飲むのでしたら節酒に努め、週2回は飲まない日、いわゆる休肝日を作ってください。一日の適量といわれるアルコールの量は、ビールで中ビン1本、日本酒で約1合です。これを目安にアルコール量をコントロールしてください。  体重が増えて肥満になると肝臓にも脂肪がついてきます。(身長マイナス100)×0.9が大体の標準体重です。計算してみてそれより多いようなら減量する必要があります。そのためには、一日の摂取カロリーを約1600~1800カロリーにすることも一つの方法です。少々大変な数値だと思いますが、少しずつ焦らず実行していけば、確実に減量につながります。食事の内容は油っこいもの、揚げ物など脂肪の多いものは極力避け、どちらかというと魚などを中心とする和食系統の食事がいいでしょう。また、夜遅くの食事、特に寝る2~3時間以内には食べないようにしてください。寝ている間にあまりカロリーが消費されず、そのまま残ってしまうからです。食事制限に加えて、適度な運動も必要です。手軽で効果的なのは早歩きの散歩で、一回1000万歩前後を週2、3回行なってもらえばいいと思います。

poroco本誌過去掲載分から一部抜粋で掲載しています。

 

←INDEX

この記事をシェア
人気記事ランキング
porocoからのお知らせ!
poroco SNS もチェック!
  • TOP
  • 【たすけてドクター(胃腸科)】052. 「脂肪肝」の改善方法は?
会員登録するとお気に入り登録機能が使えます!
詳しくはこちら