こんにちは、ゲストさん!

【たすけてドクター(胃腸科)】051. 黒い便は何かの病気の兆候?
2018年8月1日

黒い便は何かの病気の兆候?

Q. 最近、黒い便が出るのですが、何かの病気でしょうか?

(38歳・女性)

A.  黒い便は「タール便」と呼ばれる血液が混ざった便の可能性が

  便が黒いということですが、それが病的なものであれば「タール便」と呼ばれます。便に多量の血液が混在した状態で、消化管からの出血によって起こります。しかし、胆のうから出る胆汁の量や食べ物などの種類により、一見黒っぽく見える場合もあります。「タール便」かどうかは、胃腸科を受診し「便潜血反応」という検査をしてもらうとすぐにわかります。また、出血があると貧血になるので、血液の検査も同時にしてもらうといいでしょう。
胃カメラや大腸カメラを使えば、どんな病気なのかがきちんと診断できる
 「タール便」という結果が出たら、まずは胃カメラの検査が必要です。消化管からの出血の原因として「十二指腸潰瘍」「胃潰瘍」「出血性胃炎」「胃ガン」「食道静脈瘤」など様々な病気が考えられますが、胃カメラを行なえばどの病気なのかをきちんと診断できます。胃カメラで異常がなければ、大腸カメラを行なう必要があります。やはり原因として「大腸ポリープ」「出血性大腸炎」「虚血性大腸炎」「潰瘍性大腸炎」「大腸ガン」など様々ですが、こちらもきちんと診断ができます。
最近ではカプセル型のカメラも登場。今まで難しいとされていた小腸の検査もできるように
 胃、大腸ともに異常がなく、「タール便」が続いたり、貧血が著しい場合は、胃と大腸の間にある小腸の検査が必要です。小腸は6~7mもある長い管で、病気の頻度は少なく、いままではカメラの検査が非常に難しいところでした。しかし、最近ではカプセル内視鏡という、薬のカプセルくらいの大きさのカメラを飲むことにより、検査が簡単にできるようになりました。まずは早めに胃腸科を受診し、便の検査をしてもらうことをオススメします。

poroco本誌過去掲載分から一部抜粋で掲載しています。

 

←INDEX

この記事をシェア
人気記事ランキング
porocoからのお知らせ!
poroco SNS もチェック!
  • TOP
  • 【たすけてドクター(胃腸科)】051. 黒い便は何かの病気の兆候?
会員登録するとお気に入り登録機能が使えます!
詳しくはこちら